Magic Trackpad(トラックパッド)のポインタがおかしい原因

スポンサーリンク

今回はMagic Trackpadの不具合の一つであるポインタの動作が飛んだり動作が不安定だったときの原因と解決策についてです。

前回の続きです。

まずやってみてもらいたいのはPRAMのリセット。

詳細 NVRAM と PRAM について

ほとんどはPRAMのリセットで直るのですが、直らないケースもあります。

もし直らなかったら、これから書くことを試してみてください。

Magic Trackpadを手に持ち、横に振ってみる

そのときに、カタカタと音がしたら・・・Magic Trackpad本体の不具合が原因だと思われます。

逆に、カタカタと音がしなかったらPRAMのリセットで直ると思います。

Magic Trackpadは極稀に電池部分の接触不良があるようです。

その場合、横に振るとカタカタ音がするのです。

電池部分に接触不良がおこると、ポインタの動作がおかしくなるという感じ。

その場合、Appleに連絡をしてMagic Trackpadの交換をお願いしましょう。

中には、カタカタ音がする箇所を特定して、金具を取り付けて直す方もいるようですが、それはそれで更なる不具合や大きな故障の原因になりそうですし、電池部分のことなので危険です。

なので、素直にAppleに連絡をし相談をすべきですね。

私は、Magic Trackpadの交換を行ってもらい、ポインタがちょ〜いい感じです、

Magic Mouseもすばらしいけど、やっぱりMagic Trackpadのほうがいいですしね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です